大切なペットに|犬には飼い主の手作りご飯を

ドッグ

犬のための総合栄養食品

ドッグフード

栄養価が高く値段が安い

犬を飼っていると食事の用意が大変です。栄養を考えて作る必要があるので、人間と同じ手間暇がかかります。そんな時に便利なのがドッグフードです。必要な栄養素が含まれており、値段が安いので人気があります。またドッグフードの評判がいいのは、常温でも腐らない点です。賞味期限も2年と長くなっているので、保存も簡単なので評判がいいのです。特に犬を複数匹飼っている場合には助かります。またドッグフードの人気が高いのは、一人暮らしの人の場合です。他に世話する人がいないので、簡単に準備ができて栄養価の高いドッグフードは助かります。よく人間の残り物をエサとして与える場合がありますが、塩分などを与えすぎてしまうので、注意が必要です。

総合栄養食としての特徴

ドッグフードにも色々な種類があります。お店で一般的に売られているのは総合栄養食といわれており、水とこのドッグフードだけ与えれば必要な栄養が取れるという評判のいい食料です。人間と犬とでは必要な栄養素が違うので、犬専用の総合栄養食はとても大切です。このような総合栄養食の特徴は、消化吸収しやすく作られていることです。総合栄養食としてのドッグフードには、ドライフード、ウェットフード、セミモイストフードの3つのタイプに分かれています。一番多いのがドライフードで、エネルギー密度が高いという特徴があります。ウェットフードの特徴は、食事と一緒に水分が取れるという点です。セミモイストフードの特徴はカロリーが高くないということです。いずれのタイプも評判が良く、犬の健康を支えるには欠かせない食品です。